所有する物件をシェアハウス化する戦略を考える

全国の不動産を保有しているオーナー様に物件の空室を埋めるための提案として【シェアハウス】というのはどうでしょうか。

シェアハウスってどんなもの?と聞き覚えの無い方も多いと思いますので、説明します。

シェアハウス】とは、簡単に言うと「共同生活をする家」ということです。
自分の部屋とは別に共同で利用出来るキッチンやリビングなどの共有スペースを備えられている賃貸物件のことをいいます。

シェアハウスでは通常の賃貸物件とは違い入居の際の初期費用が安く、保証人が不要なところが多いようで、仕事ばかりで家でくつろぐ時間が無い方や、他社との交流を重視する方に非常に人気となっています。昨今では一棟マンションの内装を変更しシェアハウスにするようなオーナー様や法人があるようです。

外国人にもとても人気が高いため、異文化交流の場としても人気になっています。シェアハウスによっては大型のモニターを設置したり、防音室などが設備されているようです。お部屋にもシングルタイプから大勢が利用できるタイプ、完全個室のお部屋と様々なお部屋があり、入居希望者のニーズに応えられるような計らいがされています。

マンションやアパート、戸建てと規模に合わせたシェアハウスをすることが可能で、同性限定や外国人限定など募集される条件等も異なります。空室が目立つ物件ではいっそのことシェアハウスに変更するということも安定した収入につながるようです。

シェアハウス】は、一般的な賃貸物件と違い、初期費用がかからず、保証人不要、各戸の電気代、水道代などの光熱費が不要という入居者にとって住みやすくされています。今までの様に敷金・礼金を貰うようなことは出来なくなりますが、仲介した際の手数料もかからなくなるなど、経費が抑えられるのではないでしょうか。現状からのリフォームにかかる費用と今後の計画的な戦略により、【シェアハウス】に変更するのもありかもしれませんね。