隣の部屋がうるさい時は、壁を叩くより管理会社に連絡!

賃貸マンションに住まれている方で、騒音問題が起きた場合、皆さんどうしてますか?自身で解決しようとして、壁を叩いたり、部屋に行って苦情を言ったりしていませんか?そのようなことをしていましたら、すぐにやめてください。

近隣トラブルで問題になるのは、両者の言い合いから喧嘩になり最悪の場合は殺人事件に発展することもあります。ですので、すぐにやめてください。

実際にこのような状況に陥ってしまった場合どうすればいいのか。ですが、すぐに管理会社に連絡しましょう。現在の状況を正確に伝え対処してもらいます。

隣の部屋からの騒音だと思っていても実際はもう一つ隣の部屋からの騒音だった。や下の階からの騒音だった。など勘違いの場合もあるのです。管理会社に連絡し、早急に原因の調査をしてもらいます。管理会社に連絡後数日は変化がみられるはずです。そのまま継続し騒音がなくなればいいですよね。

ですが、一度の連絡でなくなることはほとんどありません。何度も管理会社に連絡しましょう。絶対に自分で解決しようと行動するのは止めてください。騒音がなくなるまで根気強く対処する必要があります。


ですが、それでも騒音がなくならないこともあります。健康被害が出るようなストレスを感じるようになってしまっているとすれば、その事実を管理会社に伝えます。そうなると管理会社も今までと同じ対応のままではだめだ。と気付くはずです。

もし、転居するということになれば、その部屋を賃貸で再募集することになりますが、隣の騒音が入居者の健康に害を与えるほどのものだとなると、次の入居者もすぐに転居してしまう可能性がありますよね。そうなると管理会社も騒音の原因を追究し、トラブルが起きなくなるようにします。騒音の原因を作っている部屋の入居者に対し、通知や通告をし、それでも改善されなければ、強制的に退去させる手段もあります。(契約時の内容によりますが)

この管理会社の対応を早くしてもらうためにも何度も連絡し、被害状況を伝えることが必要です。なんども言いますが、決して自身で解決しようとするのは止めてください。騒音トラブルだけが深刻な隣人トラブルに発展します