意外に見落としがちな排気ガスによるベランダの洗濯物汚れ対策

大都市や商業地周辺・幹線道路沿いの住宅に住む際に知っておきたい、排気ガスによる洗濯物汚れ対策を紹介します。完全に汚れないようにするのは不可能ですが、対策をすることにより洗濯の二度手間を無くすことが出来るかもしれません。

①低層階ではなく、高層階に住む
②洗濯物を干す時間を調整する
③ネットなどを張る
④観葉植物などで浄化する
⑤洗濯物を干さない

以上5つが対策になります。

①低層階ではなく、高層階に住む

低層階の方が高層階に比べ、ホコリやゴミなどが舞い上げられ飛散します。高速道路も通る幹線道路沿いだと5階以上でもホコリなど飛散しますので、出来る限り高層階を選ぶようにしましょう。

 

②洗濯物を干す時間を調整する

幹線道路や商業地周辺は昼間に交通量がとても多く、深夜はとても少なくなります。繁華街ですと、逆転することもありますので、周辺のエリアを調べておきましょう。交通量の多い時間帯を避け、洗濯物を干すようにすると汚れは少なくなります。

 

③ネットなどを張る

こちらのページで紹介してる方法を参考にネットを張ります。④と併用し、植物の葉などでネットと2重の対策をされると効果は倍増します!

 

④観葉植物などで浄化する

③のようにネットに絡ませ効果倍増させるものありですし、ネットの取付が出来ない。というかたにはベランダに観葉植物を並べるだけでも効果はあるようです。植物は様々な効果があるようですので、詳しくは調べて頂かないといけませんが、サボテンなどには空気を浄化する力があるようです。

 

⑤洗濯物を干さない

これは極論になってしまいますが、洗濯物をベランダに干さない。浴室内に乾燥機がある場合はそれを利用し、ない場合には、乾燥機を購入するか、室内に洗濯物を干すスペースを作ります。新築の物件などでは、室内に紐を張り、洗濯物を干すスペースを確保してくれている物件などもありますので、参考にするのもいいですね。後付けで【ホシ姫サマ】の様な室内物干しユニットなどを取り付けることも可能です!

以上の5つの対策を行うと洗濯物の汚れは少なくなるでしょう。若しくは、現在汚れがひどい場合には、引っ越すことも視野に入れている方が良いかもしれません。