大阪に不動産バブルは来ているのか? 暴落時期は?

現在の大阪は、先のブログ(こちらです。)に記載しているように海外からの旅行客を狙った「民泊物件」や「簡易宿泊施設」、「ホテル」の建築が盛んに行われています。建築するためには土地が必要ですよね。その大阪市内の土地の地価は年々上昇しています。地価は実際の売買価格とは違い国の定めた金額です。この地価の上昇とともに、土地・建物などの不動産売買価格も上昇しております。

年々地価も上昇し、不動産売買価格も上昇。この状況が大阪市内では数年続いており、20数年前のバブル期と似ているとの声も多いようです。この状況にのり、大阪市内に不動産を保有し、運用していきたい。という海外企業もとても増えています。弊社のある大阪市浪速区などでは、不動産を購入しているのは海外企業がとても多いようです。

海外企業が土地などを購入し、ホテルなどを建築、運営する。という流れが出来上がっているみたいです。この背景にあるのが、2020年の東京オリンピック、大阪の万博誘致。これらが終わるまで外国人観光客が訪れるであろうとされています。

新築マンションの建築に関してはこちら記載があるように東京での売れ残り物件が増えているようです。大阪でのマンションに関しては、東京都心部のように売れ残り物件は多くありません。建築費の高騰などにより、賃貸マンションの賃料は多少増額されていますが、周辺相場からかけ離れていなければ1年以内に入居が決まっています。タワーマンションのような高級志向のマンションでは投資物件としての人気も高く、入居者が決まっていない物件でも取引されています。

このような状況がここ数年続いていて、大阪市内は不動産バブルと言われております。暴落時期については、専門家の方たちが予想をしているようで、10年以内と言われているようです。こればかりは実際になってみないと分からないので、専門家たちが言っているのが正しいとも言えませんが。若しくはこのまま外国人観光客が横ばいに来続け、暴落する事は無く、緩やかに価格が落ちていくのではないか。とも言われています。様々なパターンが考えらえれているということを覚えておいてくださいませ。