小さなお子さまのいる家庭にとって、保育園、幼稚園の待機児童問題は、近年の社会的な課題になっています。
保育士さんの賃金や、労働環境により、人が足りない状況が続いている様ですが、子育て世帯にとっては切実な問題です。

大阪市の保育施設の待機児童数も年々改善されている様ではありますが、(参考: 大阪市の保育所等利用待機児童数について(平成27年4月1日現在) ) まだ解決には少し時間が掛かる様です。

そこでこの記事では、既に大阪市内にお住まいのかた及び、近々大阪市に引っ越す予定のかた向けに、保育施設情報の調べ方と、これらを活用した住まい探しの方法をご紹介します。

大阪市のサイトから保育施設の一覧と空き情報を分かりやすく調べることが出来ます

マウスオーバー

そこでぜひ活用したいのが、同じく大阪市が公開している、地図情報に掲載された保育施設空き情報 の地図ページです。

こちらのページで表示される地図では、当記事執筆時の2016年3月現在、保育施設と年齢ごとに今年の5月からの途中利用可能数を調べる事ができます。

保育所の他、認定こども園(保育園と幼稚園の機能をあわせ持った施設)、さらに0〜2歳向け地域型保育事業(家庭的保育事業、小規模保育事業、居宅訪問型保育事業、事業所内保育事業)施設の空き状況がひとつの地図に纏められています。

保育施設の空き情報地図を利用して住まいを決める方法

例えば、近々大阪市に移住予定で、保育施設に通わせやすい場所に住みたい場合は、
地図を見ると、明らかに保育施設の固まった地域がところどころに見つかるはずです。

いま現在、施設に空きがない状態だったとしても、然るべき時にスムーズに入所できるように、柔軟に対応しやすい場所を選んでおくと、後々楽になります。

もちろん、当社家さがし本舗では、スッタフ自身が子育て世帯の者も在籍している事から、こういった条件での家探しは得意としています。

子育て施設の利用のしやすい部屋探しは、インターネットだけでは、なかなか出来ない分野ではありますが、こういう時にお手伝いすることが、私達の役割だと思っています。

子育て世帯のお部屋探しは、当社までお気軽にお問い合わせくださいね!(^^