インターネットや雑誌等で見つけた物件を内覧したい場合、ぜひおすすめしたい内覧方法が「現地待ち合わせ」です。
対応可能業者は多少限定されますが、利点がとても大きな方法です。..

メリット

物件探しにかかる時間が短くてすむ

たとえば、不動産ポータルサイトで見つけた物件を見せてもらいに、賃貸住宅探しに不動産仲介店に行くと、割と長い時間待たされる事が多いです。

これは物件の空き状況の確認や鍵の手配など、どうしてもその店舗以外の都合が入ってくるので、お待たせする時間が長くなりがちです。

おとり物件リスクを減らせる

近年のお部屋探しの大きな問題のひとつ「おとり物件」に関するトラブルも、現地での待ち合わせなら、遭遇しにくい事も安心度が上がる、嬉しいメリットです。

おとり物件の手法は、ネットや雑誌に掲載した実際には入居できないおとり物件の情報を見て問い合わせてきた見込み客に来店させ、そこから別の物件への入居を結びつけるものです。

なので、悪質業者としては実際に案内出来ない物件の内覧の現地待ち合わせを希望されると、とても困る訳です。
もちろん、その業者もプロなので、電話口ですぐに別の物件への案内を勧めて来ることもありえます。
その場合は条件等を精査して、代替物件を見る価値がありそうならそこを内覧すれば良いですが、おとり物件リスクを極限まで減らしたかったり、あまり人を見る目に自信が無いかたの場合、その業者で部屋探しをするのをあきらめ、別の現地待ち合わせ可能な仲介業者の物件での探すのがおすすめです。
たとえば、当社、家さがし本舗はいかがでしょう?(笑)

現地待ち合わせ内覧の手順

以下は家さがし本舗における手順になりますが、他社でも対応可能であれば、同様の手順が踏めるはずです。

電話、メール、LINE(当社連絡先はこちら)にて、内覧したい物件と、現地待ち合わせしたい旨をご連絡ください。

たとえば、LINEでご連絡いただく場合、以下のような流れになります。

[お客さま]
こんにちは、◯◯と申しますが、
この物件を内覧をお願いできますか?
http://(不動産ポータルで見たURL)

 

[家さがし本舗]
◯◯様、お問い合わせありがとうございます。
✕✕マンションですね。ただいま空室なので、ご案内可能です。いつでも見ていただけますが、ご都合の方はいかがでしょう?

 

[お客さま]
明日の日中で現地で直接待ち合わせて見せて頂く事は出来ますか?

 

[家さがし本舗]
明日7日(水曜)の15時に現地待ち合わせですね。承知しました。〇〇マンションの住所は
A市B区C町1-2-3になります。よろしければ、最寄りのB駅まで車でお向かえに上がる事もできますがいかがでしょう?

 

[お客さま]
ありがとうございます。
仕事場の近所のマンションなので、直接現地で結構です。

 

[家さがし本舗]
こちらこそありがとうございます。それでは明日は宜しくお願いします。

 

注意・都合悪くなったら早めの連絡を!

これは私達、仲介業者側の都合の部分になりますが、できるだけご協力頂きたい部分です。

現地待ち合わせの内覧は当社は大歓迎なのですが、待ち合わせ時間までに鍵の手配をはじめ、一定の準備を行っていますので、もしお客さまが内覧をドタキャンされて待ち合わせ場所での待ちぼうけは、辛い物があります(^^;;
なので、ご都合が悪くなった際はその旨の連絡をお願いします。

それでは、現地でお待ちしていますので、よろしくお願いします(笑)