皆様、おはようございます。

ビリケンこと、畑木でございます。

今回は、退去時の修繕費用について記載致します!

皆様は、賃貸物件での退去時に修繕費用を負担したことはございますか?

退去時の修繕費というものは、マンション毎や、お部屋毎に負担割合が変わることが多いのです。

修繕割合を決まるのは、入居時の「契約書」内に記載されてる場合がほとんどですが、記載されていない契約書の場合もありますので、その際は、管理会社に確認していただく事をオススメ致します。何も知らないままだと、払わなくて良いお金を支払うことになってしまいます。

クロス(壁紙)の自然損耗で費用発生する場合は契約書をチェックしましょう

一般的にクロスは年月を経て変色したり、少し引っ掛けたくらいの傷では自然損耗の範囲に入りますので、退去時に費用が発生することはありません。

長く住んでいれば、自然損耗という形で入居者様負担ではなく、オーナー様負担にて修繕をしなければならないという決まりがございます。ただし、「お部屋の壁に穴を開けてしまった。」や、煙草の煙による「クロスの損耗」等は、基本的には、自然損耗には含まれません。後者に関しては、契約書に自然損耗と扱うというような場合もございます。

綺麗に使っていたとしても、退去時に修繕費用を負担しなければならないことも多く、退去時のトラブルになることも多々ございます。「契約書」に記載があるかどうか、記載がなければどのような割合の負担になるのか。確認しておかなければなりません。退去時に「知らない。払えない。」というのは通用しませんので、ご確認下さいませ。

もし、敷金を預けている場合でも、敷金を超える修繕費用は入居者様の実費負担になります。予備知識として知って頂ければ、幸いでございます。

分からないこと、不安なことがある場合は、まず「確認」が必要です!

是非この機会に管理会社・オーナー様にご確認してくださいませ~(^◇^)