皆様、こんにちは!

ビリケンこと、畑木でございます。

今回は、「賃貸マンションの室内設備について」記載致します。

今までに住まわれていたお部屋若しくは、現在お住まいのお部屋にて「エアコンが壊れた」や「インターホンが壊れた」など室内設備が壊れてしまったことは無いでしょうか?ここでいう室内設備というのは、入居後に取り付けた設備ではなく、入居前から設置され、「残置物」として扱われない設備の事をいいます。

残置物」とは・・・前入居者様がエアコンなどを設置したものを退去時に撤去せずに放置して行った私物。の事をいいます。

90d3c7e19633dd097a2d0c2d6af2b676_s

だいたいの賃貸物件の場合ですと、もともとエアコン等の設備を付けていなかった物件に関しては、退去時に入居者が「エアコン置いていきます」といわれると、「残置物」扱いとしてそのお部屋に設置されたままになります。

元々設置されていた「設備」「残置物」の違いというのは、その設備が誰のものなのか?というところが重要で、「設備」に関しては「オーナー様」、「残置物」に関しては、「前入居者」となりますよね。ですので、「残置物」に関しては、入居後に破損したとしてもなにもしてくれないのです。

ですが、元々設置されていた「設備」に関しては、「契約書」に「室内設備」としての記載があれば、管理会社、若しくはオーナー様に連絡すると入居者様の負担はなく、修繕・交換をしていただく事が可能になります。

この、「設備」か「残置物」なのかという違いは一見あまり変わりがないように思われがちですが、故障した際などに、大きな違いが現れます。室内設備の場合は、修理費用は掛からないけど、勝手に取り替えたりしないように注意しましょう!