外国人の友達を不動産屋さんに紹介する前に知っておきたいこと

外国人の方の部屋を探している友達がいるので紹介します。と友人や以前にご契約を頂いた方から連絡を頂くことがあります。

外国人の友達を不動産屋に紹介する前に知っておいて頂きたいことをまとめておりますので、ご確認下さいませ。


外国人入居不可物件がある

賃貸物件を所有しているオーナーさんの中には、マンションやアパートなどに、日本人以外の方を住ませたくない。という方が少なくないです。

外国人不可。などと記載されている物件はとても少なくはなりましたが、それは不動産協会が規制をしているから。であって、実際に入居できるかどうか。は別の問題となります。

外国人の方で永住権をお持ちの方や、日本人の方と婚姻された方などは、比較的拒否されにくくはなっていますが、これらのような方でも、住むことの出来ない物件があると言う事を覚えておいてください。

外国人の方にお伝えしておいていただくと、お部屋をご紹介する際、スムーズに話をすることが出来ます。


保証会社の審査が通りにくい

関西圏の賃貸マンションを契約する際には、ほとんどの場合、保証会社というものに加入しなくてはなりません。保証会社(以前のブログ記事をご覧下さいませ)に加入する際には、保証会社による契約者についての審査があります。

保証会社の審査の内容について、詳細は分かりかねますが、経済力や日本語の理解・会話力、信用出来るかどうか。を確認しているのだと思われます。

※審査を通過するには連帯保証人をつけなければならないことがほとんどです。


保証人は日本人や永住権を取得している方に限定されやすい

上記保証会社の審査の際には、連帯保証人をつけなければならないことがほとんどなのですが、その際に、保証人の条件をつけられることもしばしば。

保証人には日本人の方や外国人の方でも永住権を取得している方。に限定されやすいのです。

これは保証会社からすると、契約者が家賃を支払わなかった場合に、外国人が保証人で契約していると、国外逃亡などをされるリスク無くす為にされているようです。


以上の事を先に外国人の方に伝えておいていただければ、お部屋を紹介する際に、誤解を生むことなく、契約に至る事ができるかと思います。