「賃貸で自由にDIYできる部屋」を探したいかたへ

賃貸物件で室内を自由に改装する事の出来るお部屋を探している人も多いのではないでしょうか。ただ、賃貸マンションの多くでは、DIYをすることはできません。入居された方が自由にDIYをしたとして、退去された後、そのお部屋に住みたいと思う方が少ないので、禁止されているのです。

希少なDIY物件を探す際にオススメ出来るのは、やはりインターネット等による検索になります。有名なサイトでは、「SUUMOやat-home」などでDIY可能部屋という検索をすることができます。

お探しの地域により物件の数は違いますが、とても希少価値があるということがお分かりいただけるかと思います。一般的な賃貸物件で交渉する事により、内装を多少自身の好きなように変更できるお部屋もありますが、そのようなお部屋もあまり見かけることはありません。

こちらの記事にも記載しておりますが、DIYが可能な物件だとしても気をつけなければならない点も多く、なんでも好き勝手しても良いと言う事ではありません。さらに契約の際にも注意しておかなければならないのが、退去時にDIYした箇所を現状復旧しなければならない。という記載がされている場合もあります。この場合には、退去時に入居前の状態にしなければならない。ということになりますので、退去時には工事をしなければならない。ということですので、注意が必要です。

DIY可能物件が少ないのは、上記にも記載しておりますが、DIYで室内を改装され、退去した後に入居者希望者が現れない。ということになりかねないからなのです。DIY可能な物件に住みたい。と思っている方が増えているのは昨今の流れですが、このDIYブームと言われるものが終わり、一般的な物件に住みたい。と思う方だけになった際に、家主さんは自費で改装しなければならなくなるので、家主さんからするとDIY可能物件にすることのリスクを考えると、やめておこう。となるのです。

DIYをしたい。という方には、自身で物件を購入する事をおススメ致します。自己所有の物件ですと、室内や外壁など制限なく自由にDIYを行うことができます。賃貸物件での入居の際とは違い契約内容を気にする必要もなく、好きな事を出来るからです。築年数が古い物件は、比較的安価に購入する事が出来ますので、お家をまるまる改装する事も可能です。こちらの場合は本格的な工事が必要になりますが、新築物件を建築するよりも費用を抑えることができますので、ご検討いただく価値はあるかと思います。

これらのことを知っておいていただけるとDIYをする際にも役立つかと思われます。