投稿日: カテゴリー 未分類

物件周辺施設の写真の撮り方

◆物件周辺施設の写真の撮り方
 
ネット掲載物件を検索する際に物件周辺施設を紹介できますよね?
 
その物件周辺施設の写真や距離、施設との距離などを入力し、集客することも可能です。
物件周辺にコンビニや、スーパー、商業施設など、
 
あったらうれしい施設を掲載しておくと、
 
その施設を検索したお客様に物件情報を見ていただける可能性が広がります。
例えば、ネットなどで商業施設を検索しますよね?
 
すると、広告として物件の間取り図面や、賃料が出てくることがありますよね?
 
その広告に勝手に掲載してくれたりする為に、
 
物件周辺施設の写真を掲載することが大事になるのです!
 
その写真というのも他の業者が掲載している写真ではなく、
 
独自の撮り方をしている方が集客に繋がるのです!
(弊社で試験的に実施したところ、数%変化がありました)
 
では、物件によりどのような施設を掲載すればいいのか。ですが、
 
物件により、単身者向け、ファミリー向け、事務所等ありますが、
 
それぞれの用途に合わせ変更する必要があります。
 
どの物件でも必要なのは、やはり【コンビニ】です。
 
近くにコンビニがある物件が良い。というのは物件を選ぶ際に
 
重要視されるポイントとして選ばれています。
単身者向け物件には、ドラッグストアやスーパーなど、
 
買物が出来る施設を掲載しておくのがベストです!
ファミリー物件には、病院や保育所・小学校など、
 
 家族で生活していくうえで必要な施設を掲載しているといいです!
事務所等周辺施設には、文具店やファーストフード店など、
 
事務用品関係を扱う店や、安く食事の出来る施設を掲載しておくのがいいですね。
このように物件により、掲載施設を変更しておくのも大事なポイントになります。
 
弊社の【物件写真取得サービス】では、物件写真はもちろん、
 
間取り図面、物件周辺施設のご紹介もしております。
 
ご覧下さいね!!物件写真取得サービス
続きを読む
投稿日: カテゴリー 未分類

ポータルサイトで他社と差をつける物件情報の入力方法

賃貸の仲介業務を行っている不動産業者様の悩みはズバリ、

「ネット反響を多くするにはどうすればいいのか?」

「他社と差をつける物件情報の入力方法はないのか?」

と言う事だと思います。

実際、弊社も賃貸仲介業務をしており、悩みの種はそこにあります。

賃貸物件情報をポータルサイトに掲載し、お客様を集客するのが一般的になってます。

ポータルサイトでの集客を得ようと誇大広告をしてみたり、

空室ではない物件を掲載してみたりと、悪質な会社も多いようですが。。。

そこで、弊社のポータルサイトで反響を得ている物件をリサーチし、

どのような物件情報が集客に繋がるのかを考えました。

いくつかのポイントがあります。

1番大事なことは、やはり【家賃】です!

家賃が安い物件に住みたいのは当たり前ですよね。

特に大阪市内の物件で言いますと、

家賃が2万円代~4万円まで」の物件をポータルサイトに掲載していると、

とても反響が沢山入ります。ですが、誇大広告は絶対にやめましょう。

2つ目は、【希少物件】かどうかです!

大阪市内ですと、地域ごとにファミリータイプの物件が多い地域や。

単身向けマンションが多い地域、外国人が多く住む地域など、

地域により入居される方が設定されてる場合が多いのですが、

単身向けマンションが多い地域は交通の便が良かったり、なにかと便利なのです。

その便利な地域にファミリータイプのマンションがあると、

希少価値が高くなります!そのような希少価値の高い物件を【希少物件】といい、

希少物件も沢山の反響をもたらします。

3つ目は、【写真の撮り方】です!

他社と同じ様な写真を掲載していても意味はありません。

写真の撮る角度、位置、見せ方を考え独自の撮り方をしましょう!

すると、反響が少し増えます!(*^^)v

ですが、これをしてもポータルサイト掲載にお金を掛け、

掲載順位を上位にしている会社には勝つことは出来ません。。。

ですので、自社HPや競争相手の少ない物件を掲載することも考えてください!

そうすれば、おのずとポータルサイトからの反響が増えるはずです!

続きを読む
投稿日: カテゴリー 未分類

退去時にクロス(壁紙)費用を請求されても支払う必要が無いケース

皆様、おはようございます。

ビリケンこと、畑木でございます。

今回は、退去時の修繕費用について記載致します!

皆様は、賃貸物件での退去時に修繕費用を負担したことはございますか?

退去時の修繕費というものは、マンション毎や、お部屋毎に負担割合が変わることが多いのです。

修繕割合を決まるのは、入居時の「契約書」内に記載されてる場合がほとんどですが、記載されていない契約書の場合もありますので、その際は、管理会社に確認していただく事をオススメ致します。何も知らないままだと、払わなくて良いお金を支払うことになってしまいます。

クロス(壁紙)の自然損耗で費用発生する場合は契約書をチェックしましょう

一般的にクロスは年月を経て変色したり、少し引っ掛けたくらいの傷では自然損耗の範囲に入りますので、退去時に費用が発生することはありません。

長く住んでいれば、自然損耗という形で入居者様負担ではなく、オーナー様負担にて修繕をしなければならないという決まりがございます。ただし、「お部屋の壁に穴を開けてしまった。」や、煙草の煙による「クロスの損耗」等は、基本的には、自然損耗には含まれません。後者に関しては、契約書に自然損耗と扱うというような場合もございます。

綺麗に使っていたとしても、退去時に修繕費用を負担しなければならないことも多く、退去時のトラブルになることも多々ございます。「契約書」に記載があるかどうか、記載がなければどのような割合の負担になるのか。確認しておかなければなりません。退去時に「知らない。払えない。」というのは通用しませんので、ご確認下さいませ。

もし、敷金を預けている場合でも、敷金を超える修繕費用は入居者様の実費負担になります。予備知識として知って頂ければ、幸いでございます。

分からないこと、不安なことがある場合は、まず「確認」が必要です!

是非この機会に管理会社・オーナー様にご確認してくださいませ~(^◇^)

続きを読む
投稿日: カテゴリー 未分類

空室が多いにも関わらず建設ラッシュの大阪市内マンション事情

皆様、こんにちは!

ビリケンこと、畑木でございます。

大阪市内のマンション事情について書かせて頂きます。

ここ数年、大阪市内では、バブル期を超すほどの不動産バブルだと言われております。

なぜ、このような事態が起こっているのか。ですが、先の記事に書かせて頂きました、

中国・韓国などの海外の方の旅行が増え、慢性的なホテル不足になったこともありますし、

天王寺周辺の再開発による、【あべのハルカス】の完成もありますし、

ミナミ周辺で言いますと、【道頓プラザ】の完成、難波駅前の再開発もあり、

梅田周辺では、大規模な再開発が行われていますよね!

これらの要因で現在大阪市内の土地価格は右肩上がりになっているのです。

「土地価格が上昇し、その土地を購入して、マンションを建てます!」

と、なると必然的に建築コストも右肩上がりになりますよね?

建築コストが上がると、家賃を上げないと、オーナー様が困ってしまいます。

ですが、現状ですと、家賃を上げてしまうと入居者が決まらなくて困ってしまうのです。(賃貸マンションの場合です)

土地の価格は上昇しているのですが、一般的な社会の賃金はあまり上がっていないので、

家賃に支払える余裕が増えていないのです。にもかかわらず、

家賃の高いマンションが増え、大阪市内のマンションは空室が多いのです。

人気のマンションでは、常に満室を保っているようですが、それもいつまで続くのか不安なものです。

賃貸マンションの建設ラッシュは止まりませんが、大阪に住んでいる人口は急激に増えることはないですよね。このままいくと、どうなってしまうのでしょうか…

分譲のマンションは建設出来る用地が少ないですが、人気はとても高く、僕の知る限りでは満室のマンションばかりです!分譲マンションの高層階に住むなんて夢ですよね!僕も頑張ります(*^^)v

続きを読む