投稿日: カテゴリー 賃貸の快適な住まい作りアイデア

緊急駆け付けサポートとは・・・

賃貸物件を契約しようとしている際に、仲介店へ行き資料をみせてもらったら、初期費用の欄に「駆け付けサポートや緊急サポート加入費用」というのが書いてあるのを見たことがあるかと思います。

この費用が高いし、無駄だから不要。と思っているお客様も多いのではないでしょうか。確かに引越しの際の初期費用は安くないので、不要な費用はかけたくないですよね。

しかし、この駆け付けサポートのサービスは加入しているとお得なサービスが多いのです。今回は弊社でも利用している「リロレント24」について記載していきます。


リロレント24

リロレント24とは、株式会社リロクリエイトが運営する「24時間365日」利用することのできる住まいのトラブルサポートです。

主なサービス内容は【くらし助っ人サービス】になり、「水廻りのトラブル」「電気設備のトラブル」「窓ガラスのトラブル」「鍵のトラブル」「ガス設備のトラブル」「在宅確認サービス」などがあります。その他「お祝い制度」「お手伝いサービス」「リロレント24クラブオフ」もあります。

このサービスに加入していることにより、「鍵紛失時の開錠」「水が詰まって流れない」「蛇口からの水漏れ」などの緊急時に駆け付けてくれます。通常、町の工事店などに対応してもらうと、平均8,000円程度の費用がかかってしまいますが、リロレント24に加入しているお客様は無料で対応してくれます。部品などの交換が必要な際には、事前にお見積りの上、対応して頂けるので安心です。

入居している物件で、夜間に手配が必要な際に、管理会社が営業を終了している場合には、リロレント24に加入していることにより、対応してくれます。管理会社の対応が不十分で緊急時の対応に不安がある方などに加入をオススメしております。


このように住まいのトラブルサポートをして頂けるので、不動産管理会社でも入居希望者の方にオススメできるサービスとして、情報を提供しております。管理会社が対応する際に、費用が必要だったものがリロレント24に加入する事により無料で対応してくれるようになることもあります。

現在お住まいのお部屋でも加入する事は可能です。単身向けマンション・ファミリーマンション等すべてのお部屋で加入する事が可能ですので、ご検討いただく際は、是非、弊社(幸真興業株式会社)までお気軽にご連絡をお待ちしております。

続きを読む
投稿日: カテゴリー 賃貸の快適な住まい作りアイデア

家賃を振り込むのが面倒。いい方法ないの?

賃貸物件に住まれているお客様が特に面倒だと感じているのは、「家賃の振込」だと思います。インターネット上にもこのような内容の質問等が多くされています。

元々は口座から自動引き落としで家賃を支払っていたのに、管理会社変更や、所有者の変更により、口座引落しが使えなくなり、振込みしないといけなくなった。という事は、賃貸物件にお住まいの方なら誰にでも起こり得ることです。

毎月家賃を振り込むのは仕事の都合上無理。振り込む時間がない。今までと振込み期日が変わっているので困る。などの問題が発生する事でしょう。このような際はどうすればいいのかを下記にまとめておりますので、ご覧下さいませ。


・銀行に問い合わせ

まずは、家賃の振込み先を確認し、自身の取引している銀行であるかどうか。確認しましょう。同行なら、振込手数料はお安く済みます。他行だとしても、期日指定の振込みをしてくれる銀行もありますので、銀行に問い合わせ確認するようにしましょう。

・新規口座開設

振込み指定口座が自身の取引銀行でない場合は、家賃振込用口座を開設することがオススメです。他行同士の振込み時、家賃の金額によって多額の手数料が必要になる事があります。毎月のことですから、少しでも手数料を少なく出来るよう、新規口座を開設しましょう。

・定額自動送金サービスの利用

銀行によっては、定額自動送金サービスを利用する事が出来ます。このサービスはその名の通り、振込先を指定する事により、毎月定額を指定日に送金するサービスになります。このサービスは窓口での申込や、電話での申込も可能なようです。一度指定口座を設定すると、サービス利用の停止をするまで送金を続けてくれるので、定額自動送金サービスを利用する口座に入金しておけば良いので、時間に余裕のない方でも安心でき丸サービスになります。

・ネットバンキングの利用

平日の日中は仕事が忙しく、銀行に行く時間がない。という方には、ネットバンキングの利用をオススメ致します。自身の取引している銀行のネットバンキングを利用する事により、携帯電話もしくはパソコンなどを介して、お振込が出来るようになります。銀行に行く事なく、書類のやり取りだけで新規口座を開設することのできる、「インターネットバンキング」に特化した銀行もありますので、時間の無い方にはこちらがオススメです。


上記のような対策をする事が出来ます。ATMに行く時間の無い方にオススメな方法。振込を自動で行ってくれるサービス。を紹介いたしました。

振込手数料がとても安いネット銀行もあるようですので、自身の求めるサービスに応じて調べることを忘れないで下さいませ。

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ, 賃貸の快適な住まい作りアイデア

ユニットバスは嫌だけど賃貸入居を検討しても良いケース

賃貸住宅をお探しのお客様の中には「ユニットバスが嫌いです」という方が多いです。弊社に来店されるお客様もそうおっしゃる方が大半以上を占めています。「ユニットバスは嫌」とお考えの方に提案です。ユニットバスのお部屋とセパレートのお部屋を比べるとやはりユニットバスのお部屋の方が賃料が安いです。

 


そこで、家のユニットバスは基本的にトイレ専用と割り切り、風呂やシェワーが使える施設が生活圏内にあれば検討してみる価値があるはずです。

自身でスポーツジムなどに通っている方ですと、毎日ジムに通っているなら、お風呂はジムで済ましてしまう。という考え方です。ジムではなく、インターネットカフェや漫画喫茶などでも最近ではシャワーを利用できます。これらの施設に頻繁に通う方なら、家のお風呂がユニットバスでもセパレートでもあまり変わらないのではないでしょうか?
ユニットバスを経験し、嫌だ。と言っておられる方には言えませんが、経験していないのであれば、検討してみる価値は大いにあります。なにしろ、賃料が安く済むのですから。
サウナが好きな方はお部屋の近くに銭湯があるのがお勧めです。近くに銭湯があり、サウナに入るならお部屋にお風呂必要ですか?要らないですよね?なら、いっそのこと、ユニットバスで賃料を少しでも安く抑えましょう!
快適な住まい作りの第一歩です。毎月の賃料を下げることにより、その他の事に使えるお金を増やしましょう!!
続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ, 賃貸の快適な住まい作りアイデア

意外に見落としがちな排気ガスによるベランダの洗濯物汚れ対策

大都市や商業地周辺・幹線道路沿いの住宅に住む際に知っておきたい、排気ガスによる洗濯物汚れ対策を紹介します。完全に汚れないようにするのは不可能ですが、対策をすることにより洗濯の二度手間を無くすことが出来るかもしれません。

①低層階ではなく、高層階に住む
②洗濯物を干す時間を調整する
③ネットなどを張る
④観葉植物などで浄化する
⑤洗濯物を干さない

以上5つが対策になります。

①低層階ではなく、高層階に住む

低層階の方が高層階に比べ、ホコリやゴミなどが舞い上げられ飛散します。高速道路も通る幹線道路沿いだと5階以上でもホコリなど飛散しますので、出来る限り高層階を選ぶようにしましょう。

 

②洗濯物を干す時間を調整する

幹線道路や商業地周辺は昼間に交通量がとても多く、深夜はとても少なくなります。繁華街ですと、逆転することもありますので、周辺のエリアを調べておきましょう。交通量の多い時間帯を避け、洗濯物を干すようにすると汚れは少なくなります。

 

③ネットなどを張る

こちらのページで紹介してる方法を参考にネットを張ります。④と併用し、植物の葉などでネットと2重の対策をされると効果は倍増します!

 

④観葉植物などで浄化する

③のようにネットに絡ませ効果倍増させるものありですし、ネットの取付が出来ない。というかたにはベランダに観葉植物を並べるだけでも効果はあるようです。植物は様々な効果があるようですので、詳しくは調べて頂かないといけませんが、サボテンなどには空気を浄化する力があるようです。

 

⑤洗濯物を干さない

これは極論になってしまいますが、洗濯物をベランダに干さない。浴室内に乾燥機がある場合はそれを利用し、ない場合には、乾燥機を購入するか、室内に洗濯物を干すスペースを作ります。新築の物件などでは、室内に紐を張り、洗濯物を干すスペースを確保してくれている物件などもありますので、参考にするのもいいですね。後付けで【ホシ姫サマ】の様な室内物干しユニットなどを取り付けることも可能です!

以上の5つの対策を行うと洗濯物の汚れは少なくなるでしょう。若しくは、現在汚れがひどい場合には、引っ越すことも視野に入れている方が良いかもしれません。

続きを読む
投稿日: カテゴリー 知っておきたい不動産知識, 賃貸の快適な住まい作りアイデア

対応の悪い管理会社にすぐに対応してもらう方法

入居しているお部屋のエアコンが動かなくなってきたや、蛇口から水漏れがするなど、このような故障が発生した場合には、修理しなければならないですよね。

元々入居した際に設置されている設備が前入居者の残置物なのか、設備なのかは入居する前に確認して頂いていると思いますのでわかると思います。残置物が故障した際は、オーナー様には修理をする責任はありません。

ですが、設備の場合には、オーナー様が修理してくれます。

オーナー様に修理をお願いする際は管理会社に連絡することになりますよね。

だいたいの管理会社は即日若しくは近日中にお部屋へ現状確認をすることになるでしょう。そして工事をするということになるのが一般的です。

ですが、管理会社に連絡したのに、現状確認も来ない、工事もしてもらえない。と時間だけが過ぎていくことがあるようです。

このような対応の悪い管理会社にあたってしまった場合には、どうすればいいのでしょうか。

①管理会社に早急に工事の依頼をする。
②オーナー様に連絡を取る。
③現状の動かない状態を記録(写真・動画)し工事する。

上記3パターンのいずれかの対応が考えられます。

①の場合は、管理会社に直接伺う事をオススメします何度か連絡し、対応して頂けない。となると、電話で連絡しているだけではそのままにされてしまうことが多いです。直接店頭に来られると管理会社としても何もしないわけにはいきません。管理会社の人と一緒に部屋まで行き、その場で工事の電話をしてもらい、工事の日時など確認するようにしましょう。工事の際は、工事業者が対応することになるので、その場で工事業者の連絡先を教えてもらえば、直接連絡を取ることが可能になります。そして工事してもらう。という形になります。

②の場合は、オーナー様に管理会社の対応の悪さを報告します。連絡先が分かる場合の対応になりますが、管理会社はオーナー様からの連絡に動かないわけにはいきません。オーナー様に管理会社に連絡を取ってもらう。若しくはオーナー様から工事業者に連絡をしてもらう。などオーナー様によって対応は異なるでしょう。管理会社がなにも対応してくれない場合には、オーナー様に連絡してくださいませ。

③の場合は、最終手段だと思ってください。管理会社も対応してくれず、オーナー様の連絡先もわからない。管理会社に行っても後日伺うなどと言い対応してくれない場合の手段です。設備がどのような故障しているのか、現状を記録しておかなければなりません。勝手に工事をしてしまうとオーナー様への工事代金の請求も出来なくなります。必ず現状を記録し、工事をしなければならない旨の書面を管理会社に確認させることが必要です。「あなた方の対応が悪いのでこちらで工事します」と連絡し、工事しましょう。この場合には連絡は来ていない。など管理会社はお金を払わないようにするでしょうから必ず電話履歴や話の内容など記録しておいて下さい。なにも証拠が無いのでは払ってもらえなくなります。

この上記3パターンで解決できないことは無いかと思われます。
ですが、もしもの場合にもこのような管理会社は対応してくれないでしょうから、早急に違うお部屋への転居をオススメします。

続きを読む
投稿日: カテゴリー 賃貸の快適な住まい作りアイデア

入居前が肝心!ゴキブリ・害虫対策

当ブログの人気記事のひとつが「虫の出ないマンションに住みたい」で、実に多くのお客さまができるだけゴキブリ等の害虫の出ない賃貸住宅に住みたいと願っている事がわかります。

この記事では、主にゴキブリを中心として、契約した賃貸住宅に家財を運び込んで暮らしはじめる前にできる害虫対策をご紹介します。
あ、もちろん、入居するお家は、当社家さがし本舗でよろしくお願いします。(笑)

入居前の防虫対策が肝心

害虫対策は、家具を入れていない部屋が空の時にやっておくと、入居後には対応しするのに手間の掛かる事を楽に、そして大きな効果を期待することができます。
ぜひご参考になればと思います。

大まかに分けて対策は2つで、「ゴキブリが入って来れないように隙間を全て塞ぐ」と「バルサン等の煙式殺虫剤を炊く」です

対策1. ゴキブリが入って来れないように隙間を全て塞ぐ

隙間によっては、塞ぎにくい物もあるので、その場合は入居後に常にその付近に各種駆除剤を設置しておく対策が必要です。効果は薄れますが、ハッカ液を希釈したアロマ剤を散布するようにしておくと、駆除剤を設置し辛い場所でも使いやすいですよ。

玄関ドア
bba3550dc5b2f88c3e42677766ad6e00_s

ゴキブリは知らない間に意外に玄関や窓から入ってきます。窓は一般的なアルミサッシの物なら、締めておけば大体侵入を防げますが、ドアはよく見ると対策し辛い隙間が多い事があるので注意しましょう。
ポストの隙間も少し隙間が合いていたりするので、こちらも可能なら対策しましょう。
入居後はポスト投函されたらそのままにしないで、速やかに回収して隙間を作らない努力が必要です。

換気扇・通風口(エアダクト)
2cf46e6b2ba843fd184049142e26c73a_s

大きな穴の空いている、虫の侵入のしやすい通路です。
通風口にあらかじめ網のカバーが掛かっている事が多いですが、小さなゴキブリが入ってきやすい隙間がある事も。この場合は各種フィルターをホームセンター等で販売されているので、適宜利用してください。
入居後は換気扇を出来るだけ回しっぱなしにしておくと、侵入し辛いです。

床、壁の隙間を見つけたら入居前に修復を要請しましょう
1416d08437f4e088da32c6056c6662c4_s

隙間やひび割れは、出来るだけ内覧時に見つけたい物です。
築年数の経った物件の壁や床の端には、ひび割れ、隙間が空いている事があります。「隙間=害虫の通り道」なので、もちろここは塞ぎます。

当記事では賃貸入居のお客さまを想定しているので、これを勝手に塞ぐ事は避け、まずは管理会社や大家さんに連絡をして修復を要請しましょう。

不幸にも対応して貰えなかった場合は、はがせるタイプの修復テープ、養生テープ等で対策しましょう。

排水口
26418b5f8a584479a02783d5dcf4661d_s

ゴキブリの好む水気がたっぷりの場所なので、必ず確認しなければいけない箇所です。大きな隙間がある場合は、換気扇・通風口同様フィルターを利用します。

またキッチンや洗面所の場合はシンク下にある収納扉の中もチェックしてください。
この中にある排水パイプと収納庫内の底板の隙間処理が万全ではない場合が多いです。ここもテープで対応します。

対策2. バルサン等の煙式殺虫剤を炊く

実際は、防虫対策込みのハウスクリーニングの一部として行われている事もある、煙式殺虫剤(バルサン等)の散布は、隙間を塞いだ後に最大の効果を発揮します。
ここまでの対策はなかなか行われていないので、自身で行う必要があります。
家財を運び込む前に煙式殺虫剤を使っておく事はこのようなメリットがあります。

メリット1. 入居前だと家具や食器が無いので汚れない
77132c1d8b0064881d582f86643458c9_s

近頃の煙式殺虫剤は炊いた後も家具や食器はそのまま洗わずに使用しても問題ないとされていますが、やはり気になるので、利用後に掃除、洗浄する方が多い様です。

その点、まだ家財を搬入していない状態だと、家財の掃除の手間が一切かからないので、気軽に利用することができます。
ただし、煙式殺虫剤はゴキブリ以外の虫にも有効な事から、目に見えにくい小さな虫の死骸落ちている可能性が高いので、床や畳には一通り掃除機等かけてから家財搬入してくださいね。

メリット2. 長時間の密閉空間を実現できる
593f023e2221ae7ac65063c088ad3d93_s

バルサンの場合、使用後2–3時間部屋を密閉しておけば良いとバルサンの公式ページに記載されていますが、それよりもある程度長い時間、出来れば1日以上密閉しておく方が良いとも言われています。

このような長い密閉空間を実現するには、既に入居している場合、旅行等で何日か家を開けるタイミングで行うしかないでしょうが、まだ住んでいない入居前なら、簡単に行う事ができます。
引っ越しで家財を運び入れる前にぜひ行ってみてくださいね。

隙間対策した上でのバルサン後の長時間密閉の相乗効果は抜群です。これであらかじめ部屋にいた害虫は全て駆除出来たと言って良いでしょう。

このように、入居前に煙式殺虫剤を利用することで、入居後ではなかなか実行し辛いレベルで高度な害虫対策を行う事ができます。

入居後の防虫対策も欠かさずに!

どうしても害虫が欲しくない場合は、常日頃から防虫対策が必須です。
決して簡単ではありませんが、せっかく見つかった新しいお家に住む前に、一手間かければ、良い新生活のスタートが切れるはずです。ぜひ快適な生活空間を手に入れてくださいね!(^^

続きを読む
投稿日: カテゴリー 賃貸の快適な住まい作りアイデア

長期間住んでいる賃貸住宅はリフォームしてもらえる?

「今の賃貸住宅に住みはじめて10年になります。長く住んでる方だと思いますし、部屋も傷んできました。家主にリフォームをお願いする事とか出来ませんか?」

長期間住んでいれば交渉可能な場合もあります

大家さん次第ですが、受けて頂ける可能性は大いにあります。同家賃で10年以上住んでいれば、クロス(壁紙)も汚れ、多所に損傷があるはずです。

長期間住んでくれる入居者様は本当にありがく、これからも住み続けて貰う為に、負担してくれる可能性は高いでしょう。

リフォーム or 家賃減額?

部屋の痛みのだけでなく、普通10年も経てば、それだけ部屋の価値は下がります。築年数の増加で、同じ建物の他室の家賃は下がり、自分は割高な家賃で住んでいる可能性も高いでしょう。

よって、リフォームよりも、家賃減額の方がご自身にとって嬉しい場合は、そちらを求める方向で行く選択もありです。

こちらも同様に交渉に乗って貰える可能性は大いにあります。もちろん、リフォームと家賃減額同時に実現させるのは難しいので、どちらか1つを取る事になるでしょう。

ともあれ、まずは交渉をしてみましょう。管理会社等に連絡を取ってみてください。ご健闘お祈りします!

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ, 賃貸の快適な住まい作りアイデア

虫の出ないマンションに住みたい!

ゴキブリ、蚊、ハチ、ハエ、カメムシ……出来れば自宅に来てほしくない虫は数多いですよね。
不衛生だったり危険だったり、場合によっては病気を運んでくる事もあります。もちろん、ゴキブリが家に突然出るとびっくりして心臓に悪いですよね(笑)

今回はこういった虫に出来るだけ遭遇せずにすむ部屋探しを重視するかたのために、注目したらよい条件を紹介します。

高層階なら虫が出ない?

『5階ならゴキブリが来ないよ』
『10階なら蚊は上がれない』
『25階なのにハエが入ってきた!』

リアルでもネットでも、偶に上がる話題ですが、実際の所はどうなんでしょう?
結論から言うと、残念ながら、タワーマンションの上層階であっても、虫が来るときは来ます。
周辺環境に影響される要素が大きいので、◯階以上なら絶対に虫が出ないと断言することは出来ないでしょう。

人が住む場所は食べ物と水が必ずあります。虫も同様で、水と食べ物があれば、かならず来ると見て間違いありません。

それでも虫が入ってこない部屋に住みたい!

以下、虫と出来るだけ縁の遠い家に住みたい人向けの、部屋探しの参考になる要素を紹介しますので、ご参考になれば幸いです。

5階以上の高さを選ぶ [効果予想: ★★★★★]

30階でも40階の高さでも、虫が来るときは来ます。
しかし、羽が生えている虫であっても、ひとっ飛びで上がれる高さは大体地上3階程度までと言われています。よって、少し余裕をみて5階以上の高さなら、それより下の階よりは、虫が上がってくる可能性はぐっと下がるはずです。

虫との遭遇確率がゼロになる事はありませんが、階層が高ければ高いほど確率は下がるのは間違いありません。

バルコニーが無法地帯になっている部屋のあるマンションを選ばない [効果予想: ★★★★★]

マンションの外からみて、1件だけバルコニーで防災的にも危なそうな規模で自由に植物を育てていたり、いわゆる『ゴミ屋敷』である事が見て取れるような、荒れた家があるマンションは避けましょう。
どんなに高層階であっても、下から登ってきた虫がその家にある植物やゴミを拠点に高層階にも行動範囲を広げることでしょう。
特にゴミ屋敷には注意しましょう。その家に大型のスズメバチが巣を作り、周辺住民が洗濯物を外に干せない様な自体になってしまう事例もあります。

こういった入居者の居る物件は管理面でも不備が多い事があるので、全般的におすすめしません。もちろん、そういった建物と隣接している物件も同様に避けるべきです。
ぜひ内覧の際にご注目ください。

木造住宅を避ける [効果予想: ★★☆☆☆]

5階以上なら虫の繁殖のしやすい木造では、ほぼ建築出来ません。よって、あえて紹介する事はないかもしれませんが、虫と遭遇をしないことを第一とする場合、やはり木造住宅は避けるべきです。

『鉄骨を食べる虫はいませんが、木材を食べる虫はいます』これ以上言うことは無いでしょう(笑)

飲食店が近くある物件は避ける [効果予想: ★★★☆☆]

特にマンションの一階にだったり、隣接している建物に飲食店のある建物は虫が寄ってきます。

清潔に運営されている店なら、ある程度低減できるでしょうが、やはり飲食店1店あるだけで、一般家庭の何倍もの生ごみがそこに発生することになります。
自宅の直ぐ側に飲食店があるのは、とても便利ですが、特にゴキブリやハエ、蚊と遭遇したくない場合は重視すべきです。

ゴミ捨て場にロータリードラムのあるマンションを選ぶ [効果予想: ★★★★☆]

ロータリードラムは、大型マンションに多い便利な施設で、24時間ゴミを出す事ができます。
通常のゴミステーションと違い、ロータリードラムに入れられたゴミは、密閉された空間のなかで圧縮、粉砕、消臭されるので、虫の繁殖するチャンスをマンション全体規模で大きく減らします。

もちろん『24時間のゴミ出し対応』も魅力的なポイントではないでしょうか。

築浅物件は……? [効果予想: ★☆☆☆☆]

これはそれ程効果がないのではと考えています。
完全な新築時は虫もゼロでしょうが、人が住みはじめると、虫も直ぐに住み着くはずです。

新築物件は管理状態も見えにくいので、よほど新築にこだわりがない限りは、避けた方がメリットが大きく見える面もあるのではないでしょうか。

自然のある場所を選ばない [効果予想: ★★★☆]

普通、『自然の多い立地』と言えば、環境の良いイメージを持ちますが、虫の発生に関して言えば、マイナスポイントです。
マンションの直ぐそばに山や森や川、緑の多い公園があると、そこから虫は来やすいです。

「自然」とは少し違いますが、田んぼや畑も虫の発生しやすい要素になります。

植物を育てない [効果予想: ★☆☆☆☆]

前の項目と似た要素になります。
バルコニーで育てる植物でも、室内の観葉植物でも、どうしても育てていると虫が湧きやすいです。
ただ、自宅で育てている植物によっていくる程度の虫なら、妥協出来る人も多いかもしれません。
なにより、自分が育てていなくても、他の入居者が育てている可能性は高いでしょうから、あまり一人で気遣っても仕方ないでしょう。

ペット可の物件を避ける [効果予想: ★★☆☆☆]

ペットがいると、どうしても虫が寄って来やすいです。
特に犬は散歩の際に外に出るでしょうから、そこから知らずに持ち帰ってしまう可能性がぐんと上がります。そういった面ではペットのいない建物だと虫が来る機会を減らす一助にはなるでしょう。

なお、分譲貸し物件では、マンション全体としてもペット可で、その分譲貸しの部屋のみ、ペット不可の条件となっている事がありますので、注意が必要です。

まとめ。虫と無縁の生活には、数多くの妥協が必要なので、ほどほどがおすすめです

いかがでしょうか?
ここまで挙げた条件を全て満たすのは、なかなか難しいように感じられたのではないでしょうか?
おそらく、これらの条件を完璧に近い形で満たすには、自然の少ない都心部の中心に建つ、最新設備の揃った清潔なタワーマンションの超高層階でもない限りは難しいでしょう。

もちろん、そういった物件の家賃はかなり高額になります。
しかし、家さがし本舗では、お客さまが虫と遭遇する可能性を減らせる部屋をご希望ならば、ご予算に合わせて、出来る限りそのお手伝いをしたいと考えています。

また、契約後に家財を運び込む前にできるゴキブリ・害虫対策も紹介しています。

ネットだけではなかなか探す事が難しい、虫と遭遇し難い部屋探しをご希望のかたは、ぜひ当店へどうぞ!

続きを読む
投稿日: カテゴリー 知っておきたい不動産知識, 賃貸の快適な住まい作りアイデア

許可を取ればペット不可なマンションでも飼える可能性の高い生き物とは?

『ペット不可のマンションに住んでいますが、金魚やインコ、ウサギなどの小さな動物を飼いたいと思っています。

どれくらいのペットなら飼っても問題ありませんか?

ネットを見ても、「小動物なら別に構わないのでは?」と言った記事を見かけますが、どれも曖昧で確証が持てません。』

認めて貰える事は多いけど、原則飼えないと思ってください

厳しい話ではありますが、入居時に契約で定められた事項に承諾している以上、鳥類、甲殻類、小動物問わず、どんな生き物であってもペットは飼えないとお考えください。

実際は金魚などは飼育上、鳴かない、排泄物などの匂いなどがあまり迷惑をかけないことから、認めてもらえる事が多いです。
なので、無許可で飼っていている入居者様が多いのも事実です。

ただ、生活スタイルや価値観が多様化した現代においてはこの考えは危険だと、警笛を鳴らします。

契約で決めて了承している以上、全ては大家さん次第

現代は欧米の契約社会の影響も多く入り、昔なら当たり前に黙認されていた小さな違反にも、厳密にペナルティーが発生する事例が多くなってきました。

これは不動産においても同様です。
当事者からすると「これくらいなら許されるだろう」と思う小さな違反も、契約で決められている以上は、これにより、直ちにペットを手放す、または退去処分となっても仕方ありません。

面倒でも必ず事前確認を!

折角の大事なペットなので、必ず管理会社、または大家さんに事前に連絡を取ってください。

少しの手間を怠ったが故に、ペットもあなたも傷つく事になる事態は避けるべきです。

一般的に入居者様は入退去時の手続き時以外は管理会社や大家さんとは、一切のコミュニケーションを取る機会が無い事は多いですが、何か疑問点や相談事があれば、入居中で会っても、面倒臭がらずいつでも相談してみてください。

管理会社も大家さんも、入居者様に快適に住んで欲しいと考えている事は間違いありませんので、こういった相談には前向きに乗ってもらえるはずです。

続きを読む