投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ, 知っておきたい不動産知識

浴室乾燥機は本当に必要?

昨今の新築賃貸マンションでは、必須設備となっている浴室乾燥機ですが、本当に必要かどうかを考えて頂きたいです。新築だけでなく、築古物件でのリフォーム工事をした後には、浴室乾燥機が設置されていることが多いです。

浴室乾燥機とはどんなことが出来るのか、そして必要なのか。記載します。


浴室乾燥機の機能

浴室乾燥機にはガス式と電気式の2種類があります。ガス式と電気式での違いは、設置時の工事費用とランニングコストになります。

設置工事費用は電気式の方が安くガス式の方がランニングコストは安いとされています。

機能としては、機種により異なりますが、多くの機種で出来ることは下記の4種類になります。


・乾燥

乾燥機能は、衣類乾燥と浴室乾燥と分けられている機種もあるようです。こちらは梅雨や台風の時期にベランダ等で洗濯物を干すことが出来ない際に利用する様です。嫌な臭いのつく、部屋干しを嫌う方にオススメです。花粉の多い時期にも花粉を気にすることなく乾燥させることが出来ます。

・暖房

こちらは浴室内と脱衣所等の温度差をなくし、快適に入浴する為に利用するようです。冬場に多いヒートショック(家屋内での温度差による身体への影響の事)を起こさないための予防にもなります。入浴前30分程度浴室内を温めてから入浴する事が望ましいようです。

・換気

浴室内は水分が多く、湿気が多いので、カビが発生しやすくなります。換気をすることにより、窓の無い浴室内の湿気を取り除くことにより、カビ対策にもなるようです。換気をする事により、浴室内を清潔に保つことが出来るようです。

・涼風

浴室内に扇風機代わりのように、涼風を送ることが出来るようです。こちらは、浴槽に浸かった後ののぼせてしまうのを予防出来るようです。(涼風とは冷房機能とは違います)


上記の4つの機能が使えるようです。

これらの機能を使いこなしている方は少ないのではないでしょうか?僕自身の周りで浴室乾燥機を設置している部屋に住んでいる人も多くいますが、聞くと使ってない。という人ばかりです。電気代が高いから使わないという方も居ましたが、使ってない人の方が多いようです。

個人的な意見としては、浴室乾燥機よりは、洗濯乾燥機の方が良いのではないかと思います。洗濯乾燥機なら、選択したものをそのまま乾燥させることが出来るので、楽なのではないでしょうか。

以上のことから、浴室乾燥機は必要ないのではないでしょうか。換気の機能だけあれば、他は必要ないような気がします。

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ, 知っておきたい不動産知識

外国人の友達を不動産屋さんに紹介する前に知っておきたいこと

外国人の方の部屋を探している友達がいるので紹介します。と友人や以前にご契約を頂いた方から連絡を頂くことがあります。

外国人の友達を不動産屋に紹介する前に知っておいて頂きたいことをまとめておりますので、ご確認下さいませ。


外国人入居不可物件がある

賃貸物件を所有しているオーナーさんの中には、マンションやアパートなどに、日本人以外の方を住ませたくない。という方が少なくないです。

外国人不可。などと記載されている物件はとても少なくはなりましたが、それは不動産協会が規制をしているから。であって、実際に入居できるかどうか。は別の問題となります。

外国人の方で永住権をお持ちの方や、日本人の方と婚姻された方などは、比較的拒否されにくくはなっていますが、これらのような方でも、住むことの出来ない物件があると言う事を覚えておいてください。

外国人の方にお伝えしておいていただくと、お部屋をご紹介する際、スムーズに話をすることが出来ます。


保証会社の審査が通りにくい

関西圏の賃貸マンションを契約する際には、ほとんどの場合、保証会社というものに加入しなくてはなりません。保証会社(以前のブログ記事をご覧下さいませ)に加入する際には、保証会社による契約者についての審査があります。

保証会社の審査の内容について、詳細は分かりかねますが、経済力や日本語の理解・会話力、信用出来るかどうか。を確認しているのだと思われます。

※審査を通過するには連帯保証人をつけなければならないことがほとんどです。


保証人は日本人や永住権を取得している方に限定されやすい

上記保証会社の審査の際には、連帯保証人をつけなければならないことがほとんどなのですが、その際に、保証人の条件をつけられることもしばしば。

保証人には日本人の方や外国人の方でも永住権を取得している方。に限定されやすいのです。

これは保証会社からすると、契約者が家賃を支払わなかった場合に、外国人が保証人で契約していると、国外逃亡などをされるリスク無くす為にされているようです。


以上の事を先に外国人の方に伝えておいていただければ、お部屋を紹介する際に、誤解を生むことなく、契約に至る事ができるかと思います。

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ

鉄筋、鉄骨、木造……賃貸で住む建物構造は何を選べば良いの?

建物の構造鉄筋・鉄骨・木造など様々なものがあることはご存知でしょう。この構造の違いで住む際の騒音など生活に影響を及ぼすことも多々あります。

では、それぞれの構造でどのような違いがあるのか。確認しましょう。


木造・・・主にアパート、戸建に使われる(Wood造)
建物の柱や梁などに木材を利用して建築されたものをいう。
木造は、建築コストが安く、高層階(4階建以上)を建築することができませんので、アパートなどに使われることが多いです。


鉄骨造・・・主にマンション・ビルに使われる(Steel造)
鉄骨造は、下記のRC造より建築費用を安く、10階建のような大規模なマンションも建築することが出来ます。鉄骨には、重量鉄骨と軽量鉄骨の2種類があります。鉄の厚さが6mm以上が重量鉄骨、6mm以下が軽量鉄骨となり、大規模マンション・ビルなどには重量鉄骨が使われることが多く、小規模店舗やマンション、一般住宅などには軽量鉄骨が多く使われるようです。


鉄筋コンクリート造・・・主にマンション・ビルに使われる(Reinforced Concrete造)
建物の柱や梁などに、鉄筋とコンクリートを利用し、鉄筋で作られた型枠にコンクリートを流し込み、固めたものを言います。

鉄筋は、熱に弱く、錆びやすい。しかし引く力に強い。
コンクリートは、引く力には弱いが、熱に強い。

お互いの長所と短所を補うような形で、強固な強度を出しています。


鉄骨鉄筋コンクリート造・・・主に大規模なマンション・ビルに使われる(Steel Reinforced Concrete造)
建物の鉄骨の柱や梁などに、鉄筋とコンクリートを利用し、鉄筋で作られた型枠にコンクリートを流し込み、固めたものを言います。

鉄筋コンクリート造よりも耐久性が高く、耐火性も優れているようです。


その他の構造もありますが、昨今の賃貸物件の多くは、上記4構造で占められております。以下各構造のメリット・デメリットをまとめておりますので、ご確認下さいませ。


木造のメリット・デメリット

メリットは、賃料が安い。この一択です。あと、通気性に優れている。
デメリットは、一般的に耐火性、遮音性、気密性が低いです。建築方法により多少は変わりますが、隣室との壁は薄く、生活音が気になるでしょう。冷暖房が効きにくいとされているので、電気代が高くなってしまうでしょう。


鉄骨造のメリット・デメリット

メリットは、木造より遮音性・気密性・耐火性が高い。RC造に比べ賃料が安い。
デメリットは、軽量鉄骨、重量鉄骨、材料により違いはありますが、生活音が聞こえやすい。柱が室内にある事が多く、室内の面積が小さくなることが多い。


鉄筋コンクリート造のメリット・デメリット

メリットは、遮音性・気密性・耐火性に優れており、地震などの災害時にも助かる事が多い。
デメリットは、建築費用が高くなるので、その分家賃が高くなる。


鉄骨鉄筋コンクリート造のメリット・デメリット

メリットは、鉄筋コンクリート造以上に、耐久性に優れており、しっかりとした構造になるので、地震などの災害時にも安心して生活が出来ます。
デメリットは、建築費用が鉄筋コンクリート造よりも高くなるので、その分賃料も高くなる。


それぞれの構造でメリット・デメリットがあるので確認する必要がありますしかし、上記内容はあくまでも一般的なマンションやアパートなどの事を指していますので、こだわりのあるオーナー様が所有されているような物件の場合は、木造でも遮音性に優れており、隣室の生活音が全く気にならない。というような物件もありますので、不動産業者に確認してもらい、実際に内覧し、確認する必要があります。

不動産業者の営業マンもすべてのマンションの遮音性・耐火性を知っているわけではないので、しっかりと確認してもらう必要があります。

個人的には、鉄筋コンクリート造をオススメ致します。賃料はある程度高くなりますが、日々の生活で隣室や上下階からの生活音が聞こえない。のはその他に比べるとメリットが大きいのではないか。と考えるからです。

物件のお問い合わせなど、お気軽にお申し付けくださいませ。

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ

そのオートロックは本当に必要?

近年建設された新築マンション(賃貸・分譲問わず)では、どの物件にもオートロックが設置されています。オートロックは本当に必要なのか。確認しましょう。

オートロックが設置されていることにより、マンション入居者以外の者の立ち入りは難しくなります。さらに、面倒な訪問販売や、ドアポストへのチラシ投函などは防ぐことが出来るでしょう。
しかし、マンション入居者の友人や、工事業者、ホームヘルパーなど入居者以外の方の侵入は容易になります。

マンション一棟で10~20戸程度のマンションであれば、他室の方とコミュニケーションをとり、入居者同士での防犯意識がうまれることがあるようです。しかし、30戸以上のマンションになると、入居者同士のコミュニケーションは難しくなります。

大規模なマンションになると、管理人が常駐している所が多くなっていますので、不審者の侵入は難しくなっています。しかし、管理人が常駐しているからとはいえ、管理人が24時間勤務しているわけではないので、気をつけなければなりません。平日のみの管理であったり、午前中だけ、巡回だけ。など様々な勤務体系がありますので、確認しておかなければなりません。

オートロックがあるからと言っても、用心することに越したことはありません。自身の帰宅時にオートロックを開錠した際、後ろから人がついてきていると、他室の入居者だと思ってしまいますが、その人が入居者ではなく、犯罪を目論む不審者だった。なんてことはよくある話です。

あくまで個人的な意見にはなりますが、オートロック必須を条件に部屋探しを探している方が多いですが、あまり意味がないのではないでしょうか。本当に必要な条件は、オートロックなのか再確認をするのはどうでしょうか。

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ

IT重説で仲介店に行かなくても賃貸契約できるようになる?

2013年に「世界最先端IT国家創造宣言」で、「IT利活用の裾野拡大のための規制制度改革集中アクションプランを策定する」と示されたことがきっかけに、IT重説を行えるように行政が注力しております。

このIT重説が頻繁的に行われるようになると、遠方のお部屋を契約する際にも、仲介店に行く必要が無くなるのでは。と期待が高まっています。


結論から言いますと、
IT重説により、仲介店に行く事無く、賃貸契約が可能になります。

従来、重要事項説明の際には、入居希望者が仲介店に行き、宅地建物取引士からの説明を受けることにより成立していました。しかし、仲介店側と入居希望者側で合意することにより、IT重説を行うことが出来るようになったのです。

実際にIT重説を行うためには、「宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方」に規定された一定の要件を満たす必要があります。このためテレビ電話のように、動画と音声を同時・双方向でやり取りできるシステムが必要となります。IT重説を行った際のデータを録画しておくことにより、言った言わない。といったトラブルを避ける事にも繋がります。2017年10月より、本格的に賃貸契約でのIT重説の運用が開始されました。

IT重説により入居希望者としては、遠方のお部屋を契約する際の手間が大幅に削減されることになるので、良いですね。

しかし、IT重説を運用するかどうか。についての規制は特に無く、仲介店によりIT重説を取り入れているかどうかは異なるので、お部屋を契約する際の仲介店がIT重説に対応しているのかどうか。を確認しておかなければなりません。

IT重説を運用している店舗は、ロゴマークを掲示しているようですので、IT重説運用の有無を確認することが出来るようになっております。遠方の仲介店をお探しの際には、IT重説運用店舗を検索することにより、スムーズにお部屋の契約をすることが出来るようになるでしょう。


上記内容は下記IT重説実施マニュアルを基に記載しておりますので、マニュアルをご覧頂ければ、詳細をご確認していただく事が出来ます。

国土交通省IT重説実施マニュアル概要

 

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ

「賃貸で自由にDIYできる部屋」を探したいかたへ

賃貸物件で室内を自由に改装する事の出来るお部屋を探している人も多いのではないでしょうか。ただ、賃貸マンションの多くでは、DIYをすることはできません。入居された方が自由にDIYをしたとして、退去された後、そのお部屋に住みたいと思う方が少ないので、禁止されているのです。

希少なDIY物件を探す際にオススメ出来るのは、やはりインターネット等による検索になります。有名なサイトでは、「SUUMOやat-home」などでDIY可能部屋という検索をすることができます。

お探しの地域により物件の数は違いますが、とても希少価値があるということがお分かりいただけるかと思います。一般的な賃貸物件で交渉する事により、内装を多少自身の好きなように変更できるお部屋もありますが、そのようなお部屋もあまり見かけることはありません。

こちらの記事にも記載しておりますが、DIYが可能な物件だとしても気をつけなければならない点も多く、なんでも好き勝手しても良いと言う事ではありません。さらに契約の際にも注意しておかなければならないのが、退去時にDIYした箇所を現状復旧しなければならない。という記載がされている場合もあります。この場合には、退去時に入居前の状態にしなければならない。ということになりますので、退去時には工事をしなければならない。ということですので、注意が必要です。

DIY可能物件が少ないのは、上記にも記載しておりますが、DIYで室内を改装され、退去した後に入居者希望者が現れない。ということになりかねないからなのです。DIY可能な物件に住みたい。と思っている方が増えているのは昨今の流れですが、このDIYブームと言われるものが終わり、一般的な物件に住みたい。と思う方だけになった際に、家主さんは自費で改装しなければならなくなるので、家主さんからするとDIY可能物件にすることのリスクを考えると、やめておこう。となるのです。

DIYをしたい。という方には、自身で物件を購入する事をおススメ致します。自己所有の物件ですと、室内や外壁など制限なく自由にDIYを行うことができます。賃貸物件での入居の際とは違い契約内容を気にする必要もなく、好きな事を出来るからです。築年数が古い物件は、比較的安価に購入する事が出来ますので、お家をまるまる改装する事も可能です。こちらの場合は本格的な工事が必要になりますが、新築物件を建築するよりも費用を抑えることができますので、ご検討いただく価値はあるかと思います。

これらのことを知っておいていただけるとDIYをする際にも役立つかと思われます。

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ

プロの賃貸営業マンが教えるマンションノートを活用した部屋探し方法

マンションノートというサイトをご存知の方も多いのではないでしょうか。このサイトでは、全国のマンションが登録されており、マンションの良い点・悪い点を入居者や周辺住民が口コミを投稿する事が出来ます。

仲介店舗へ行き、気になった部屋が数件あれば、マンションノートを活用し、どんなマンションなのかを知ることが出来ます。住んでいる方の声が分かるので、住む前に周辺環境等を知ることが出来ます。

こちらのサイトでは、登録をしなければ口コミを全文見ることが出来ないので、少し惜しい点はありますが、登録する事により、同マンション内での、空室情報が公開されるとメールで通知してくれる・他の人が口コミを投稿すると通知してくれますので、お部屋探しに役立てることが出来ます。

マンションの住民や、周辺住民の口コミをみることにより、仲介店での情報・内覧時に確認する事の出来ない、管理会社の対応などを知ることが出来ますので、マンションノートを活用し、お部屋探しをより正確なものにする事が出来るでしょう。

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ

賃貸物件の設備環境について

賃貸物件の設備環境について記載致します。借りるお部屋の設備環境を把握する事により、より良い生活を送る事が出来るようになります。

単身者向け物件とファミリー向け物件での違いはありますが、参考にして頂ければと思います。


フローリング(洋室)

近年の新築物件では当たり前になっているフローリングが最低条件という方も多いのではないでしょうか。生活の欧米化に伴い日本人の生活環境も変わってきています。和室が当たり前でしたが、最近では和室には住みたくない。という方が多いです。日々の掃除やベッドの設置などを考えるとフローリングの方が良いことは確かです。


風呂・トイレ別(セパレート)

単身者向けのマンションで多くみられていた3点ユニットタイプですが、近年はセパレートタイプの需要が高くなっております。3点ユニットタイプは風呂・トイレ・洗面台が一箇所に集められ、お部屋を広く出来るので、需要が高かったです。しかし近年では風呂とトイレは別が良い。という需要が高まり、新築物件での3点ユニットタイプはあまり見かけることが無くなっています。


独立洗面化粧台

お風呂に洗面台が設置されていた物件が多かったのですが、昨今では洗面化粧台を設置することにより、入居希望者が増加している傾向にあります。サニタリースペースに洗面化粧台を設置することにより、室内の設備環境は良くなります。


WIC(ウォークインクローゼット)

WICとは大型収納スペースの事。クローゼットとは違い大型のスペースを確保されていることから更衣室としても利用できるとされています。近年ではファミリータイプの物件だけでなく、単身者向けの物件でもWICを設置する傾向にあります。


ルーフバルコニー

ルーフバルコニーとは、大型のバルコニーの事を言います。下階の屋根部分をバルコニーのように使い、一般的な10㎡程度のバルコニーとは違い、20㎡以上あるような大型バルコニーです。洗濯物を干すだけでなく、ベランダ菜園等に適しています。


インターネット無料

昨今の賃貸物件で特に人気が高いのは、ネット無料物件です。ネット無料とはマンションにWi-Fi環境が整っており、パスワードを入力する事により、ネット環境に接続できる状態をいいます。ネット設備が備わっているだけで、自身でネットの契約をしなければ使用することが出来ない物件もありますので、ネット無料だからといって、契約しなくも使用できるのかどうかを確認する必要があります。


モニター付きインターホン

モニター付きインターホンは、オートロックの訪問者や部屋の前の訪問者をインターホン越しに確認出来るので、防犯対策として設置されています。訪問者に扮した犯罪者から身を守るためにとても魅力的な設備の一つです。


浴室乾燥機

浴室乾燥機は梅雨の時期や花粉が飛び交うような時期、ベランダに洗濯物を干すことが困難な際に、室内ではなく、浴室内で洗濯物などを乾燥させることが出来る設備になります。多くの物件では雨の日などは室内で洗濯物を乾かすことになりますが、浴室乾燥機があると、嫌な臭いのする部屋干しをしなくて済みます。


宅配ボックス

こちらはマンションの共用設備として設置されています。宅配便などの荷物を自身が出かけている際でも、荷物を預け入れしておけるボックスになります。マンションの入居者が共有して利用しているので、荷物を受け取らずそのままにしていると他の方に迷惑がかかる事になるので、荷物が届いたら早めに受け取るようにしましょう。


24時間ゴミ出し可能

こちらは設備ではありませんが、希望の条件として指定されている方が多いです。ゴミ出し出来る日が指定されている物件だと、お部屋に数日間ゴミを置いておかないといけなくなり、不便に思う方が多いようです。市や自治体でのゴミ回収をしている物件だと少ないようですが、民間企業にゴミ回収を任せている物件では比較的多くみられます。


自動湯張・追炊機能付き浴室

こちらの機能も近年人気になっております。自動湯張は、お風呂に入浴する前に自動的に設定した温度・湯量でお湯を溜めてくれる機能です。湯量を確認することなく、設定したようになると自動で止まるので、人気があります。そして、追炊き機能は、一度冷めたお湯を温めなおす機能になります。二日に一度お湯を入れ替える人などに人気の機能となっております。


ガスコンロ

昨今では、オール電化の物件が多くなっていますが、ガスコンロを支持する方も多いです。IHコンロは、使用できる鍋やフライパンが決められていることや、お湯を沸かす際に時間がかかる事から、ガスコンロの方が人気が高いようです。


洗浄機付き便座(温水洗浄便座)

トイレ内の設備としてこちらも設置されているのが当たり前になってきています。洗浄機付き便座はTOTOの「ウォシュレット(商品名)」がとても知名度が高く、温水洗浄便座=「ウォシュレット」と思っている人も少なくありませんが、「ウォシュレット」は商品名です。温水洗浄便座は排便後のおしりを清潔に保つことが出来るので、とても需要が高くなっており設置されていない物件には住みたくない。という方が非常に多くなっております。


このように様々な設備があります。自身の希望に沿う物件を探しだすことにより、より快適に生活する事が出来るようになるでしょう。

 

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ, 知っておきたい不動産知識

外国人入居者の多い地域の治安は大丈夫?

お部屋を探している際、希望の地域というのは特になく、部屋の条件次第で決めているという方も多くいらっしゃいます。部屋の条件次第とはいっても、立地が外国人入居者が多い地域だと、敬遠される方も多いです。

当店近隣は昨今の民泊ブームにより、外国人観光客がとても多くなりました。このように外国人の入居者若しくは利用者が多い地域の治安・生活環境についてまとめております。


1.治安について…

正直に言いますと、「問題がない」とは言い切れません。日本人ばかりが入居している地域でも、問題は起きるものですが、やはり外国人が多い地域については多少問題が発生しやすくなります。

当店周辺ですと、「中央区島之内」や「浪速区大国」周辺は外国人入居者が多く、特に深夜の時間帯の問題が発生しやすくなっております。ですが、これは日本人の入居者が多い地域でもあまり変わりません。「西成区萩之茶屋」周辺などでは外国人は珍しく日本人ばかりですが、昼夜問わず問題がよく起こっているようです。

このような地域には特性があり、「水商売勤務歓迎」や「保証人不要物件」などの他の物件には、住むことの難しいとされている方も住むことが出来る物件が多く存在します。

このように地域の特性を活かした賃貸募集をされている物件も多く、外国人入居者ばかりの地域だからといっても、「治安が悪い」ということはありません。多少問題が発生しやすいだけです。当店をご利用いただいた入居者様も住まれている地域にはなりますが、問題は起きたことが無い。と言っておられる方も居ます。

結果治安については、「一概に悪いとは言えない」という判断をしております。


2.生活環境について…

生活環境については、「外国人入居者の理解力次第」と思います。海外の人たちは説明をしっかりとすれば騒音やゴミの捨て等の生活環境の問題については無くすることが出来るはずです。弊社管理物件に入居されている入居者様で外国人の方も居ますが、しっかりと伝えるとその通り対応してくれるようになります。

言葉や文化の違いによる生活環境の違いはどこでもあるものです。大阪に住んでいた人が地方に引っ越すと、ゴミの捨て方が違う。と一緒なんです。入居者に分かるように伝えてあげることで生活環境の違いはなくなります。


以上2点から、外国人入居者が多い地域だからといっても、治安が悪いとは言い切れません。

しかし、治安が悪くないとは言っても、安心して生活できるかどうかはわかりません。1人問題を起こす人がいるだけで、地域の問題になってしまいます。治安が悪いとは言えませんが、問題が発生する可能性が少し高くはなります。

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ, 賃貸の快適な住まい作りアイデア

ユニットバスは嫌だけど賃貸入居を検討しても良いケース

賃貸住宅をお探しのお客様の中には「ユニットバスが嫌いです」という方が多いです。弊社に来店されるお客様もそうおっしゃる方が大半以上を占めています。「ユニットバスは嫌」とお考えの方に提案です。ユニットバスのお部屋とセパレートのお部屋を比べるとやはりユニットバスのお部屋の方が賃料が安いです。

 


そこで、家のユニットバスは基本的にトイレ専用と割り切り、風呂やシェワーが使える施設が生活圏内にあれば検討してみる価値があるはずです。

自身でスポーツジムなどに通っている方ですと、毎日ジムに通っているなら、お風呂はジムで済ましてしまう。という考え方です。ジムではなく、インターネットカフェや漫画喫茶などでも最近ではシャワーを利用できます。これらの施設に頻繁に通う方なら、家のお風呂がユニットバスでもセパレートでもあまり変わらないのではないでしょうか?
ユニットバスを経験し、嫌だ。と言っておられる方には言えませんが、経験していないのであれば、検討してみる価値は大いにあります。なにしろ、賃料が安く済むのですから。
サウナが好きな方はお部屋の近くに銭湯があるのがお勧めです。近くに銭湯があり、サウナに入るならお部屋にお風呂必要ですか?要らないですよね?なら、いっそのこと、ユニットバスで賃料を少しでも安く抑えましょう!
快適な住まい作りの第一歩です。毎月の賃料を下げることにより、その他の事に使えるお金を増やしましょう!!
続きを読む