投稿日: カテゴリー 家さがし本舗のこだわり

お部屋を紹介して終わりではない「お付き合いの精神」

多くの仲介業者は、物件にお客さまを着けるまでがサービスの中心となっており、入居が決まって鍵をお渡しした後は、お客さまとの接点は無くなるのが普通です。

しかし、家さがし本舗では、そこから先の生活をもサポートできる仲介業者を目指しています。

たとえば、下記の様なサービスを提供しています。

  1. 仲介手数料最大無料
  2. ガス、水道、電気の利用開始手続きをお手伝い。
  3. 生活の中で困った事があれば随時相談相手に。
  4. 他のお客さまのご紹介で紹介料20%

これだけに飽きたらず「こんな事までしてくれるの?」とご好評頂いている当社のサービスですが、この中では地味な3番の相談サービスですが、家さがし本舗では、家を案内した後のサポートも大切にしています。
入居されたお客さまの多くが、引っ越した先のお部屋のある地域に馴染みがなく、不安に感じているものです。

大阪での生活に困ったらいつでもご相談ください

特に大阪のミナミに対しての外部の人々の印象のせいか(笑)、私達が考える以上に不安で思われているお客さまが多い様に感じています。
大阪は本当に良い町ですよ(^^)
こういったお客さまをサポートし、安心して新生活をスタートしていただくのも私達の仕事で、その事が、いずれ次のお部屋を探す時のリピートにも繋がると考えています。

当社の仲介でご入居いただいたお客さまが、気軽にお店に顔を出され「〇〇さん、近々✕✕に務める事になったんだけど、通いやすい地域の部屋探しお願いしても良いですか(^^)」と聞いて来られる事があるのが、大きな喜びです。

ご入居後もぜひご気軽に、ご連絡、ご来店お待ちしています。

続きを読む
投稿日: カテゴリー 家さがし本舗のこだわり

仲介手数料最大無料の理由は?

不動産仲介業者は従来、入居者様とオーナー様両方からの報酬で運営されてきました

下記の図の様に、大手企業を含めた従来の不動産業者は、入居者さまからは「仲介手数料」、不動産オーナー様からは「広告料(AD)」という名目でそれぞれから報酬を得ていました。

「仲介手数料」は家賃の1ヶ月分+消費税、「広告料(AD)」は入居者様から「保証金」「敷金」「礼金」と言った形で、ご負担いただいた金額の一部が仲介業者にか払われる事が多くあります。

こういった形態について、ネット上では仲介業者かいんちきな二重報酬を受けているかの様に書かれている記事も見受けられます。
しかし、これらの費用を仲介業者が頂くのは、従来の雑誌媒体等での出稿料、大手事業者ならフランチャイズ料が高額である事が大きな理由です。

家さがし本舗は、こういった従来の形で入居者様に多くのご負担を頂く形はよりは、まずネット中心の広告とすることで営業コストを軽くし、その分多くのお客さまに気軽に家さがし本舗をご利用いただく形で営業しています。

ネット時代の小規模事業者ならではの低コスト運営

不動産仲介と聞いて、誰もが耳にしたことの企業とは違い、家さがし本舗は街の小さな不動産屋さんです。

昔ならがらの不動産屋さんや、大手の不動産屋さんは、物件の広告媒体として、雑誌広告等を多く活用します。

しかし家さが本舗はフランチャイズ料金は発生せず、宣伝もネット中心とするなど、現代においては削っても良いと考えるコストを徹底してカットしています。

それにより、入居者様からの仲介手数料、保証金、敷金、礼金といったご負担を最大無料となるまで値引きすることを実現しています。

続きを読む
投稿日: カテゴリー 知っておきたい不動産知識, 賃貸の快適な住まい作りアイデア

許可を取ればペット不可なマンションでも飼える可能性の高い生き物とは?

『ペット不可のマンションに住んでいますが、金魚やインコ、ウサギなどの小さな動物を飼いたいと思っています。

どれくらいのペットなら飼っても問題ありませんか?

ネットを見ても、「小動物なら別に構わないのでは?」と言った記事を見かけますが、どれも曖昧で確証が持てません。』

認めて貰える事は多いけど、原則飼えないと思ってください

厳しい話ではありますが、入居時に契約で定められた事項に承諾している以上、鳥類、甲殻類、小動物問わず、どんな生き物であってもペットは飼えないとお考えください。

実際は金魚などは飼育上、鳴かない、排泄物などの匂いなどがあまり迷惑をかけないことから、認めてもらえる事が多いです。
なので、無許可で飼っていている入居者様が多いのも事実です。

ただ、生活スタイルや価値観が多様化した現代においてはこの考えは危険だと、警笛を鳴らします。

契約で決めて了承している以上、全ては大家さん次第

現代は欧米の契約社会の影響も多く入り、昔なら当たり前に黙認されていた小さな違反にも、厳密にペナルティーが発生する事例が多くなってきました。

これは不動産においても同様です。
当事者からすると「これくらいなら許されるだろう」と思う小さな違反も、契約で決められている以上は、これにより、直ちにペットを手放す、または退去処分となっても仕方ありません。

面倒でも必ず事前確認を!

折角の大事なペットなので、必ず管理会社、または大家さんに事前に連絡を取ってください。

少しの手間を怠ったが故に、ペットもあなたも傷つく事になる事態は避けるべきです。

一般的に入居者様は入退去時の手続き時以外は管理会社や大家さんとは、一切のコミュニケーションを取る機会が無い事は多いですが、何か疑問点や相談事があれば、入居中で会っても、面倒臭がらずいつでも相談してみてください。

管理会社も大家さんも、入居者様に快適に住んで欲しいと考えている事は間違いありませんので、こういった相談には前向きに乗ってもらえるはずです。

続きを読む
投稿日: カテゴリー お部屋探しのコツ

インターネットで大家さん自身が入居募集をされていた物件に申し込む注意点

『仲介業者を介さず入居者様を募集している大家さんの物件に申し込みます。
入居審査に合致する為に、どういった事に気を付けて準備、手続きを行うと良いでしょう?』

入居者様側に要される条件は、仕事と収入、保証人状況

収入があってもそれを証明する証拠と、保証人がいなければ、あまり信用されません。例えば、家賃10万の物件に住むとき、月収100万ありますが、無申告、自営業とくれば、まず不可になるでしょう。

しかし、月収30万、大手企業勤め、親の保証人があればOKになるでしょう。あくまで入居審査は書類上で、信頼出来るか相手かどうかを特に重視します。

面談時は協調する姿勢で

仲介業者を通した物件の場合、入居時に大家さんとコミュニケーションを取る機会は殆どないでしょう。
しかし、直接募集物件は大家さんとのコミュニケーションが発生します。

面談時もお互い協調し合いましょうと言う感じの応対をされたほうが良いでしょう。直接的なやりとりなので、仲介業者を通すよりも、人付き合いの面には気をつける必要性は高くなります。

もちろん、必要以上にかしこまる必要はありませんが、ビジネスの相手として中長期間お付き合いする間柄になるので、最初が肝心といえるでしょう。

自主募集物件に住む利点

一般的に、個人大家さんの直接募集物件は、条件を安くすることで、自分の物件の空室期間を出来るだけ短くしたい思いがあります。

しかし、注意点の方で後述しますが逆にそれがデメリットになる可能性もありますので注意が必要です。

内覧時に周辺環境を含めた事情まで聴ける事が期待できます

大量の物件を同時に取り扱う仲介業者と違い、個人大家さんが直接募集している物件は、大家さん自身の持ち物です。

自分の財産である建物なので、周辺環境まで把握されている事が多いです。よって、生活圏内の生の情報等を詳細に聞ける事が期待できます。

大家さん自身がその建物に住んでいる場合は、この辺りの把握は専門業者以上に長けている面があると期待できますので、どんどん利用して頂ければ良いでしょう。

直接募集物件に住む注意点

当社「株式会社MHC」は不動産管理会社です。

物件の設備メンテナンス、家賃集金、価値の維持と向上を業務としているのは、やはり管理に特化したプロのノウハウがあってこそです。

個人大家さんが自主管理まで行っている物件の場合、やはりこれらの業務についてのプロでは無いので、トラブルが起きた際にはその対応に甘さが出る可能性はあるでしょう。

ただ、募集は仲介業者を介していても、管理は専門の管理会社に委託している事もあるので、この辺りの確認も面談時にしておくと良いでしょう。

自主募集、管理の費用を値引きせず、結果的に高い家賃となってしまうケース

利点の方で紹介したとおり、自主募集、管理の物件なら大家さん自身の支出が少ないので、その分家賃を値引きするのが一般的です。
しかし立地、築年数等の条件が良く、これらの値引きをせず、大家さんが強気の条件で募集しているケースもあります。

もちろん、それできちんと管理が行き届いていれば、全く問題ありません。
しかし、トラブルが起きた際の対応が悪くて、何らかの損害が発生した祭は結果的に高い家賃となってしまう可能性があることには留意してください。

メリットもデメリットも、全ては大家さん次第

大家さんの自主募集、管理物件は大家さんの姿勢と能力によって、メリットもデメリットも大きく差が開きます。

入居を検討される際の大家さんとの面談時、部屋や建物の他、大家さんが誠実できちんと対応してくれそうな人かどうかを、あなた自身からも逆に審査する事も大切です。

住居条件は良いのに、大家さんの人柄が合わないと感じた場合、避ける選択肢を選ぶ事も検討してください。

続きを読む
投稿日: カテゴリー 知っておきたい不動産知識

対応の悪い管理業者を変えて貰う方法?

『賃貸マンションに住んでます。同じマンションに、ゴミ出しや駐輪場のルールを守らず、他の入居者様に迷惑をかけている人がいるので、管理業者を通して、改善して貰うように要望していますが、全然動いてくれません。
入居者様の事を全然考えてくれない、この管理業者が別の所に変われば良くなるはずです。変更して貰う事はできますか?』

管理会社の質の良し悪しはとても難しい問題

住んでいる部屋の大家さんに連絡が付くのなら、変更の要望をそちらに出せば、一応聞いては貰えるはずです。しかし、おそらくは管理業者の変更は可能性は低いでしょう。

一般的に、家主にとって信頼度は「管理業者 > 入居者様」なので、あなたが要望を家主に伝えても、家主が信頼している管理業者の変更を行って貰える見込みは薄いです。

それどころか、そのような仕事の質の低い管理業者なら、あなたからオーナーに告げ口をされたと受けて心象が悪くなり、更に住みにくい環境になってしまう恐れがあります。

管理会社の仕事の良し悪しは入居前には見えにくい物で、見つける事は困難です。
共用スペースが綺麗なので大丈夫とおもいつつも、それは清掃業者が頑張ってくれているだけで、いざ何らかのトラブルが起きた際には対応がとても悪いこともしばしば。本当に難しいです。

改善される見込みが無ければ引っ越すのがベター

このケースにおいて、賃貸住まいの立場で問題を解決するのは非常に難しいです。
解決するには問題行為を行なう方、管理業者、家主にあなたが困っている旨を伝えるためにじっくり話を重ね、少しずつ解決を目指していくしかありません。

その労力は小さくありません。やはり確実な解決方法はあなたが引っ越してしまう事です。身も蓋もないですが、これが一番確実です。もちろん転居先の選定は、同じトラブルに合わない様に注意をはらいます。

他人が悪いのに、自分が引っ越す悔しい気持ちは良く分かりますし、お金、時間共にかかるコストは安くないですが、これはある意味賃貸住まいのメリットと言えます。
持ち家にお住まいの場合より、フットワーク軽く引越出来る利点を活かしてください。

賃貸住まいの解決し難い問題

入居者様は、自分が住む部屋の事は事前に調べ、選ぶ事が出来ます。
しかし、管理業者やオーナーの情報は、なかなか表に出にくい事もあり、もし入居してからハズレの管理業者、オーナーだったときは、本当に不幸な話です。

管理業者の業務は、特に自主管理を行っている大家さんには、業者毎に仕事の質に差が変わるものでないと見られがちです。しかし、こういったトラブル発生時に中心となるのは、やはり管理業者になります。
管理業者が質の高いサービスを提供していれば、トラブルが起こっても的確に対応出来ます。

そして、さらに1ランク高いサービスを目指す当社「株式会社MHC」は、そもそもトラブルを未然に防ぐ管理を信条としています。トラブルが起きないので、周りからは仕事をしていない様に見える環境を作る業者が、本当に良い管理業者と言えます。

続きを読む